2010年08月13日

農家れすとらん 菜花

環境アドバイザー有志で菜花でランチをいただきました。※取材日2010.08.08
食材提供している農事組合法人「国府野菜本舗」の代表の方にお話しをうかがいました。


基本情報
休日 火曜日
住所 〒高崎市保渡田2000土屋文明記念文学館内
電話027-373-7721
HP 


寿司弁当 (Dランチ)650円
  昔懐かしい野菜のたくさん入った田舎寿司



・松花堂弁当(Bランチ)750円
  野菜を主にお魚を使ったお料理



松花堂弁当(Aランチ)750円
  野菜を主にお肉を使ったお料理 

農家れすとらん菜花の食材は農事組合法人国府野菜本舗が提供しています。
代表の真塩光江さんにお話しをお伺いしました。

国府は昔から土地が豊かで、国府人参、国府白菜、国府玉葱の産地でした。









人参の種は日本全国に流通しており、国府小学校の隅には人参の碑がありました。


このような地元の食材を朝収穫し、お店に並べたり、形が不ぞろいの野菜は廃棄せず、調理しレストランで提供しています。
真塩さんのご主人を含めた退職した元気な男性が、地元の耕作放棄地を活用し、野菜栽培をはじめています。
そこで生産された野菜もレストランの食材として使ったり、お店で販売する予定です。
朝どり野菜をなるべく包装せず、そのまま秤売りをしようと考えているのですが、包装しない野菜は夕方までには萎れてしまい売り物にならなくなってしまいます。
消費者が事情を理解し、少し萎れていても無駄な包装を好まないという風潮が広まればと期待されていました。


農事組合法人国府野菜本舗は国府小の近くにも店舗があります。
http://kokufuyasaihonpo.nomaki.jp/index.html
こちらも食事ができたり、国府野菜や漬物、惣菜、弁当が購入できます。



土屋文明文学記念館のすぐそばには、国府の野菜やお惣菜を販売する直売所があります。
菜花で国府野菜を食し、購入したい方はこちらも近くですので便利です。



※農家れすとらん菜花を出てすぐのところで抹茶、煎茶のサービスがありました。
土屋文明記念文学館では企画展のある土日は、様々な流派が交代でお茶のサービスをしています。
菜花のおいしい昼食後に、甘いお菓子とお茶をゆっくり楽しむ休日もなかなかいいものではないでしょうか?

環境アドバイザーさんのコメント
野菜中心でヘルシー、女性向き、高齢者向き
古代米はおいしかった。
お弁当のごはんに入っていたみどり米は、大変めずらしいです。
野菜は時間との勝負だとよくわかりました。
見かけの悪い野菜が活かされている。
国府玉葱は苦手な人でも食べられました。
JAは農薬管理が厳しいので、関連農家は低農薬化していて安心。
廃油リサイクルもしていました。


Posted by エコエコエコ at 13:43│Comments(0)西毛
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
農家れすとらん 菜花
    コメント(0)